ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/Nuwar@MM!rar

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
5017
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
5017 (現在7652)
対応エンジン 5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 2007/04/26
発見日(米国日付) 2007/04/24
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

・最近大量送信されているW32/Nuwar@MMの亜種は、電子メールに添付されたGIF画像にパスワードが埋め込まれ、パスワード保護されたRARファイルで届きます。

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

・最近大量送信されているW32/Nuwar@MMの亜種は、電子メールに添付されたGIF画像にパスワードが埋め込まれ、パスワード保護されたRARファイルで届きます。

・件名の一例は以下のとおりです。

  • Spyware Detected!
  • Trojan Detected!
  • Virus Alert!
  • Virus Activity Detected!
  • Warning!
  • Worm Alert!
  • Worm Detected!
  • Worm Activity Detected!

・GIFファイル名の一例は以下のとおりです。

  • AbuseNotice.gif
  • AbuseReport.gif
  • AutoComplaint.gif
  • Complaint.gif
  • Message.gif
  • Notice.gif
  • Report.gif
  • UrgentNotice.gif

・RARファイル名の一例は以下のとおりです。

  • bugfix-####.rar
  • hotfix-####.rar
  • patch-####.rar
  • removal-####.rar
    (####はランダムな4または5桁の数字)

・ドロップ(作成)される実行ファイルはウイルス定義ファイル4971以降ではDownloader-BAI.gen.dという名前で検出されます。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

・RARファイル内のファイルを実行すると、おそらくW32/Nuwar@MM!rarのバグのため、プラットフォームの言語によって、以下のエラーメッセージが表示される場合があります。

・詳細はW32/Nuwar@MMのウイルス情報を参照してください。

TOPへ戻る

感染方法

W32/Nuwar@MMのウイルス情報を参照してください。

TOPへ戻る

駆除方法

■指定のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出して下さい。検出されたすべてのファイルを削除してください。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る