製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:O
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
W97M/Odious
危険度
対応定義ファイル4043 (現在7515)
対応エンジン (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名Odious, W97M/Crap
発見日(米国日付)99/09/08
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法

セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
07/29RDN/Download...
07/29RDN/Download...
07/29RDN/Generic ...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7515
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 




  • このウイルスは、Microsoft Word 97 の Word 文書に感染することで蔓延します。

  • このウイルスは、Hate_A というモジュールで構成されており、Word97のSR-1リリースで自己複製することはありません。また、Word97のSR-1リリースまたはそれ以降のリリースにアップグレードすれば繁殖は停止します。

  • マクロ ウイルスは、Word 97のマクロ警告機能をオフにします。このマクロ ウイルスは、常に Word の normal.dot ファイルに感染します。

  • このウイルスは、ポルトガル語版 Word 97 に感染するステルス ウイルスで、それ自身の存在を隠すためにマクロ表示コマンドに中間介入します。

  • ウイルスの発動中に VisualBasic エディタが表示されている場合、C\AUTOEXEC.BAT を以下のように変更します。

    Deltree c:\*.*/y"

    改変後、Word を終了し、システムの再起動後にファイルの削除を試みます。