ウイルス情報

ウイルス名

W97M/Onex.e

ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4090
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4090 (現在7633)
対応エンジン 4.0.50以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 00/08/17
発見日(米国日付) 00/07/25
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法


  • W97M/Onex.eは、Word97/2000の文書とテンプレートに感染するクラスモジュールマクロウイルスです。このウイルスが"c:\winnt\system32"パスからNTOSKRNL.EXE (WinNTのシステムファイル)を削除する確率は150分の1です。このマクロウイルスを開く前に、マクロ警告オプションが有効になっていると、ウイルスはそのオプションレベルを下げ、マクロコードが実行されます。

  • このウイルスは、最初のVBプロジェクトモジュール名を"ThisDocument"から"Homer"に変更します。

  • このウイルスでは、ソースコードの最後に次に示す1行のコメントラインが含まれますが、表示されることはありません。

    'W97M.Homer.a

  • マクロ警告オプションが有効な状態で、感染文書を開くと、マクロ警告が機能します。感染文書を開くと、'c:\winnt\system32'フォルダからNTOSKRNL.EXEファイルを削除します。