ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/Orfina@MM

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4241
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4346 (現在7659)
対応エンジン 5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 I-Worm.Baconex (Kaspersky)
情報掲載日 03/01/07
発見日(米国日付) 02/12/27
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

・AVERTでは、W32/Orfina@MMをウイルス作成者から直接受け取りました。これまでのところ、このウイルスは一般には出回っていません。

・このウイルスの大量メール送信ルーチンは、ランダムに作成された値が特定の条件に合致した場合にのみ実行されます。

・このウイルスは、ローカルのファイルにある電子メールアドレスを探して自身を送信します。

・このウイルスは、プレーンテキスト形式のbase64でエンコードされた電子メールと“.zip”添付ファイルで届くことがあります。

・大量メール送信ルーチンは、テストではあまり頻繁に発生しませんでした。

・以下の形式の電子メールで到着することがあります。

件名(以下のいずれか)
●"Fw: Interesting!Re: Thanks!"
●"hi"
●"Keep Smiling! :) Christman Greetings!"

本文(以下のいずれか)
●"look what i've made!"
●"awesome stuff, check att"
●"Something Special!"

添付ファイル(以下のいずれか)
●"Happy_XMas.zip"
●"Happyy2k3.zip"
●"BestWishes.zip"
●"attachment.zip"

・ユーザが添付の.zipファイルをマニュアルで解凍して内蔵された.exeファイルを実行すると、%windows systemディレクトリと%windows\%systemディレクトリにファイルが作成されます。例えばWindows2000システム上では、以下のファイルが作成されます。

●c:\winnt\bacoorfina.exe
●c:\winnt\bacoorfina.txt
●c:\winnt\system32\bacoorfina.eml
●c:\winnt\system32\bacoorfina.zip

・bacoorfina.exeファイルは32ビットのPEファイル(7,520バイト)で、FSGで圧縮されています。

・bacoorfina.txt fileファイルはASCIファイル(406バイト)で、中身はウイルス作成者のコメントだけです。

・bacoorfina.emlファイル(オリジナルは11,293バイト)はプレーンテキスト形式のBase64でエンコードされた電子メールメッセージファイルで、“.zip”ファイルが添付されています。

・bacoorfina.zipファイル(オリジナルは7,646バイト)の内部には、bacoorfina.exeファイルの圧縮コピーがあります。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

・次のファイルが存在する。

●c:\winnt\bacoorfina.exe
●c:\winnt\bacoorfina.txt
●c:\winnt\system32\bacoorfina.eml
●c:\winnt\system32\bacoorfina.zip

TOPへ戻る

感染方法

・ウイルスに感染した添付ファイルを実行すると、感染ルーチンが始まる。

TOPへ戻る

駆除方法

■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る