ウイルス情報

ウイルス名 危険度

Proxy-CC

企業ユーザ: N/A
個人ユーザ: N/A
種別 プログラム
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4534
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
5536 (現在7656)
対応エンジン 5.2.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 N/A
情報掲載日 2010/10/21
発見日(米国日付) 2005/07/13
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

・CCProxyはWindowsプラットフォーム対応の無料のプロキシサーバで、どのフォルダからでも実行でき、ユーザに気づかれずに隠しモードで動作するように設定し、インターネット通信からユーザのパスワードや個人情報を盗み出すことも可能です。

・CCProxyが実行されると、以下のファイルとフォルダを作成します。

%CCProxyへのパス%\CCProxy.ini
%CCProxyへのパス%\Log
%CCProxyへのパス%\Log\log%Date%.txt

・レジストリに自動起動項目を追加して、CCProxyがシステム起動時に起動するように設定できます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
"CCProxy" = %CCProxyへのパス%\%任意の名前%.exe

・隠されていない場合、クライアントは以下のように見えます。

TOPへ戻る

駆除方法

TOPへ戻る