ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/Pinkslipbot.gen.v

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
6173
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
6173 (現在7634)
対応エンジン 5.4.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 DrWeb -Trojan.PWS.Siggen.9645 Ikarus - Trojan-Dropper.Win32.Oficla Kaspersky - Trojan-PSW.Win32.Qbot.aem Microsoft - Backdoor:WIn32/Qakbot.gen!A
情報掲載日 2010/11/22
発見日(米国日付) 2010/11/20
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

・W32/Pinkslipbot.gen.vはウイルスです。ウイルスは繰り返し自己複製するプログラムで、感染システムがウイルスを他のシステムに拡散して、ウイルスをさらに繁殖させます。多くのウイルスには破壊的なペイロードが組み込まれていますが、通常はシステムからシステムに拡散する以外には何も行いません。

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

・W32/Pinkslipbot.gen.vはIRCコマンド&コントロールサーバに接続できるワームです。接続後、このIRCサーバから攻撃者の命令に従うことができます。また、マルウェアの作者が管理するWebサイトから悪質なファイルをダウンロードします。

・単体のコピーとして実行されるW32/Pinkslipbot.gen.vはファイルやレジストリを作成、改変しません。Pinkslipbotの他の亜種によってドロップ(作成)されます。Pinkslipbotの詳細はこちらを参照してください。

http://www.mcafee.com/japan/security/virPQ.asp?v=W32/Pinkslipbot.gen.t

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • 上記のファイルおよびレジストリが存在します。
  • 上記のドメインにアクセスします。
  • セキュリティ関連のWebサイトへのアクセスがブロックされます。

TOPへ戻る

感染方法

・W32/Pinkslipbot.gen.vの亜種の中には、乗っ取られたWebサイトからエクスプロイトによりインストールされるものがあります。

TOPへ戻る

駆除方法

脅威と危険と思われる要素を取り除くため、サポートされているすべてのWindowsに対して以下の処置を行ってください。
  1. システムリストアを無効にしてください。(Windows ME/XPのみ)
  2. 脅威の検出・駆除のために最新のエンジンとDATにアップデートしてください。
  3. Complete system scanを実行してください。
システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

通常の修正が成功しなかった場合、サンプルを McAfee Labsまで送付してください。

TOPへ戻る