ウイルス情報

ウイルス名

Pathhunt

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7659)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付) 91/09/01


Pathhuntは、ファイル感染ウイルスであり、メモリには常駐しない。このウイルスは、.COMファイルおよび.EXEファイルに感染する。また、感染が進行したシステムでは、.DBFファイルを破壊することもある。

Pathhuntに感染したファイルが実行されるたびに、このウイルスは、現行のディレクトリ構造内で、感染対象として、JMP命令(E9hまたはEBh)からは始まらない3つの.COMファイルを探す。該当の3つの.COMファイルが見つからない場合は、感染対象のファイルを求めて、システムパスを検索する。候補となる3つの未感染の.COMファイルが見つからない場合は、最大で3つの.EXEファイルに感染する。すべての.EXEファイルに感染した後は、.DBFファイルに感染し、それらのデータファイルを永久的に破壊する。Pathhuntは、常に適切にファイル感染するわけではないので、一部のファイルが破壊され、正しく機能しなくなることもある。