ウイルス情報

ウイルス名

Pathogen

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7628)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 Pathogen: Smeg.0_1, Smeg
亜種 Queeg
発見日(米国日付) 94/04/01


Pathogenは、トンネル型のメモリ常駐ファイル感染ウィルスである。Pathogenは、.EXEファイルおよび.COMファイルに感染するが、現行システムの日付から経過100年未満の日付を有するファイルにのみ感染する。このウィルスは、ウィルス対策プログラムを回避する。

Pathogenは、感染するとメモリ常駐型となり、割り込み21、4B、6C、23、および24をフックする。

Pathogenには、次のテキスト文字列が含まれている。

Your hard-disk is being corrupted, courtesy of PATHOGEN!
Programmed in the U.K. (Yes, NOT Bulgaria!)
[C] The Black Baron 1993-4.
Featuring SMEG v0.1: Simulated Metamorphic Encryption
Generator!
'Smoke me a kipper, I`ll be back for breakfast.....'
Unfortunately some of your data won't!!!!!

このメッセージは、ウィルスが32個のファイルに感染し、月曜日の5:00p.m.から6:00p.m.の間に1つのファイルが実行された後に表示される。このメッセージが表示された後は、キーボードが使用不可能となり、ハードドライブの最初の256シリンダが破壊される。

このウィルスはカウンタを保持し、ファイルが感染されるたびに1ずつカウントしていく。カウンタが32に達し、.COMファイルまたは.EXEファイルがDOSで実行されると、ウィルスがトリガされ、その発病ルーチンは、CMOSのパッチによってフロッピーディスクを使用不可能にする。

システムメモリと使用可能なメモリの合計は、DOSから7,872バイト減少する。感染ファイルは、4,004〜4,084バイト増大する。このウィルスは、ファイルの終わりに配置される。感染ファイルのサイズは、16の倍数になる。