製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:PQ
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
W97M/Pathetic
危険度
対応定義ファイル4045 (現在7516)
対応エンジン (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名Pathetic
発見日(米国日付)99/09/01
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法

セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
07/30RDN/Generic....
07/30RDN/Generic....
07/30Downloader.g...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7516
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 




このウイルスは、Microsoft Word 97 および 2000 の Word 文書に感染することで蔓延する。Module11111111111111というモジュールを含む。1つの Word 文書に複数回感染し、感染するごとに、モジュール名の“1”が1つずつ増える。C:\vb.txt というテンポラリ ファイルを使うことにより、Word97のSR-1リリースで自己複製する。Word 97 のマクロ警告機能を無効にする。このマクロ ウイルスは、常に Word の normal.dot ファイルに感染する。このウイルスには、

'Pathetic I Know !

というコメントが含まれる。画面に表示されることはないが、ここからこのウイルス名がつけられた。

発動するごとに、“C\Autoexec.bat”ファイルに次の2行を追加する。

“@echo The beak of the salmon [UserName]”
“@copy c:\windows\*.ini super.ini/Y”

最初の行は、画面にメッセージを表示し、次の行が Windows フォルダの中の.INI ファイルすべてを、1つの INI ファイルにコピーする。他の INI ファイルは単なるコピーなので、super.ini ファイルは削除される。

5月に、別のペイロードがアクティブになり、文書を開くたびに閉じてしまう。