製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:PQ
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
WM/PayCheck.A;D
危険度
対応定義ファイル4002 (現在7600)
対応エンジン (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付)97/05/01
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法

セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
10/22Generic Down...
10/22Generic Down...
10/22FakeAV-M.bfr...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7600
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 




Word Version6.x/7.x(Windows版、Macintosh版)で作動するマクロウイルスである。なおWord 97においてはWord97自体への感染は可能だが、クリーンな文書へ感染が広がることはない(つまり自己複製できない)。感染ファイルの構成マクロはAUTOEXEC, AUTOOPEN, FILESAVE, FILESAVEAS, TOOLSMACRO, SHELLOPEN, FILEOPENである。自動マクロ、システムマクロを使って発動する。

感染システムにおいてはTOOLS|MACRO機能が隠蔽される。(注!これらのコマンドを使わないように。そのタイミングでウイルスが発動する)。

25-31日にWordを起動すると、以下のようなメッセージボックスが表示される。

-SelamatX

Sekarang adalah tanghal 25, sudahkah anda mengabil gaji? He..he..selamat. Kalau bisa, lebih keras lagi kerjany a. Bravo Bukit Asam!!!


OK

20-31日にFileSaveAsコマンドを使うと、以下のメッセージボックスが表示される。

-Non Critical ErrorX

Internal error was occurred in module UNIDRV.DLL. Your application may not be work normally. Please contact Microsoft Product Support.


OK

(「UNIDRV.DLLモジュールにおいて内部エラーが発生しました。アプリケーションが正常作動しないおそれがあります。Microsoftの製品サポートまでご連絡ください」)