製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:PQ
ウイルス情報
ウイルス名危険度
Portacopo
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4219
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4219 (現在7535)
対応エンジン4.1.50以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名Trojan.Portacopo:br (NAV)
情報掲載日02/08/16
発見日(米国日付)02/08/14
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
08/18W32/Expiro!7...
08/18GenericR-AXH...
08/18Generic.dx!B...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7535
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


概要TOPに戻る

ウイルスの特徴TOPに戻る
  • Portacopo は、P2P (ピアツーピア)コミュニティ内のユーザに送信されている可能性があります。このトロイの木馬のファイル名は "Portacopos.exe" で、ポルトガル語で「カップ ホルダー」という意味です。このトロイの木馬はジョークのような性質を持ち、CD トレーを「カップ ホルダー」に見立てて、ユーザに自身のプログラムを実行させようとします。
  • このトロイの木馬は Delphi で作成されており、アイコンは Shockwave アプリケーションのものと似ています。

  • このトロイの木馬が初めて実行されると、次のような Windows ダイアログ ボックスが表示されます。

  • [Utilizar] ボタンをクリックすると、CD トレーを開こうとします。次に、別のダイアログ ボックスが表示されます。

  • [OK]ボタンをクリックすると、CD トレーを閉じるためのボタンを含むダイアログ ボックスが表示されます。

  • 上記のメッセージ ボックスが表示されている間、このトロイの木馬は、自身を "WSYS.EXE" として %Windir% フォルダにコピーします。次に、Windows の起動時に自身のプログラムが読み込まれるようにレジストリを改変します。
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\BOOT Verify = (%Windir%)\WSys.exe /plus
  • また、自身が実行された回数を記録するためのレジストリ エントリも作成します。
    • HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\CountStart=1
  • この数値は、このトロイの木馬が実行されるたびに増えていきます。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る
  • Windows フォルダに WSYS.EXE ファイルが作成されている。
  • Windows の起動時にこのトロイの木馬のプログラムが読み込まれるように、レジストリが上記のように改変されている。
  • ポルトガル語版 Windows システムを起動した後、重要なファイルが削除されている。

感染方法TOPへ戻る
  • Portacopos は、ポルトガル語版 Windows システムの動作を妨げるように作成されている。ポルトガル語版 Windows システムで実行されると、自身を "WSYS.EXE" として %Windir% フォルダにコピーする。次に、Windows の起動時に自身のプログラムが読み込まれるようにレジストリを改変する。
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\BOOT Verify = (%Windir%)\WSys.exe /plus

駆除方法TOPへ戻る