製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:PQ
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
W32/Pops@MM
種別ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4182
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4182 (現在7513)
対応エンジン4.1.50以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日02/01/24
発見日(米国日付)02/01/16
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法

セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
07/27RDN/Generic ...
07/27W32/Sdbot.wo...
07/27RDN/Generic ...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7513
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 




概要TOPに戻る

ウイルスの特徴TOPに戻る
  • このコメントを書いている時点では、W32/Pops@MMに関する実地の報告は受けていません。
  • 確認したサンプルは、ウイルス作者本人から入手したものです。
  • この脅威は、ヒューリスティック方式でDAT4168以降を使用すると、New Wormとして検出されます。
  • このメール大量送信型ウイルスは、次のような内容で配信されます。

    亜種A
    件名: cute worm
    本文: The attached file is a compressed picture of a worm.
    添付ファイル: worm.com

    亜種B
    件名: Are you horny?
    本文: Visit www.sex.com... We want you to be sexually satisfied... Included is a redirection software for security...
    添付ファイル: sex.com

  • 添付ファイルを実行すると、そのマシンからウイルスが繁殖します。
  • 亜種Bは、システムの起動時にファイルが実行されるように(自身が再送されるように)、次のレジストリ キーをフックします。 HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run "*JanisRuckenbrodII"
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunServices "*JanisRuckenbrodII"
  • どちらのレジストリ キーも、c:\windows\janis.comが実行されるように設定されています。
  • 亜種Bは、関連アプリケーションではなく、c:\windows\system\sex.com(ウイルスのコピー)が実行されるように、次のレジストリ キーを改変します。

    HKEY_CLASSES_ROOT\htmlfile\shell\open\command "(デフォルト)"
    HKEY_CLASSES_ROOT\htmlfile\shell\opennew\command "(デフォルト)"
    HKEY_CLASSES_ROOT\http\shell\open\command "(デフォルト)"
    HKEY_CLASSES_ROOT\JSFile\Shell\Open\Command "(デフォルト)"
    HKEY_CLASSES_ROOT\JSFile\Shell\Open2\Command "(デフォルト)"
    HKEY_CLASSES_ROOT\mp3file\shell\open\command "(デフォルト)"
    HKEY_CLASSES_ROOT\MPEGFILE\shell\open\command "(デフォルト)"
    HKEY_CLASSES_ROOT\scrfile\shell\open\command "(デフォルト)"
    HKEY_CLASSES_ROOT\VBSFile\Shell\Open\Command "(デフォルト)"
    HKEY_CLASSES_ROOT\VBSFile\Shell\Open2\Command "(デフォルト)"

  • スキャン後または修正後は、上記のファイルを関連アプリケーションと再度関連付ける必要があります。
  • コンピュータにこのウイルスが侵入すると、次のファイルが存在します。

    亜種A
    c:\worm.com

    亜種B
    c:\windows\start menu\programs\startup\startup.com
    c:\windows\janis.com
    c:\betlog.bin
    c:\windows\system\sex.com
    (すべてオリジナルのウイルスのコピー)

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る

感染方法TOPへ戻る

駆除方法TOPへ戻る