製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:PQ
ウイルス情報
ウイルス名危険度
Proxy-Thunker
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4292
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4298 (現在7512)
対応エンジン4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日03/09/08
発見日(米国日付)03/09/03
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
07/26Generic.dx!0...
07/26RDN/Generic....
07/26RDN/Generic....
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7512
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


ウイルスの特徴TOPに戻る

・Proxy-Thunkerは、4.1.60スキャンエンジンと上記の定義ファイルを使用すると検出されます。ただしDLLが挿入されているので、再起動せずに修復するには、4.2.40エンジンを使用する必要があります。

・Proxy-Thunkerはトロイの木馬で、感染システムにオープンプロキシサーバを作成します。このサーバは、スパマー(スパムメール送信者)が匿名で電子メールメッセージを送信するのに使用され、ランダムなIPポートに作成されます。

・トロイの木馬のドロッパは、VBScriptドロッパファイル(real.htaというファイル名の可能性があります)が作成します。このスクリプトが実行されると、C:\ディレクトリにmsdos.exeファイル、またはwsysc.exeファイルを書き込み、実行します。この.exeファイルは、WINDOWS SYSTEMディレクトリ(%SysDr%)にwthunk32.dllファイルを落とし込みます。 以下のレジストリキー値を作成して、システムの起動時にこのDLLを読み込みます。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
    ShellServiceObjectDelayLoad "OLE Automation Module" = 3F143C3A-1457-6CCA-03A7-7AA23B61E40F

・以下のレジストリエントリも作成します。

  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID\{3F143C3A-1457-6CCA-03A7-7AA23B61E40F}
  • HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{3F143C3A-1457-6CCA-03A7-7AA23B61E40F

・再起動時に、explorer.exeプロセスにwthunk32.dllファイルを挿入します。このDLLは、Webページ(IPアドレス64.246.60.83)にアクセスします。このWebページは、リモート攻撃者がエクスプロイトするために感染システムのさまざまなIPポートを開く指示をDLLに返します。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る
・SYSTEM(c:\winnt\system32、またはc:\windows\system32)ディレクトリにwthunk32.dllファイルが存在します。

・システムが予期しないIPポートを聴取しています。または、SMTPメールを中継しています。

感染方法TOPへ戻る

・トロイの木馬は自己複製せず、ユーザが「便利なファイル」を装った実行ファイルを手動で実行することで繁殖します。IRC、ピアツーピアネットワーク、ニュースグループへの投稿などを通じて配布されます。

駆除方法TOPへ戻る
■指定のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

4.2.40エンジンを使うと、再起動無しに修復を行なえますが、それ以前のバージョンのエンジンを使用した場合は、修復には再起動が必要となります。