ウイルス情報

ウイルス名 危険度

PWS-MSNCrack

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4221
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4374 (現在7628)
対応エンジン 5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 02/08/26
発見日(米国日付) 02/08/23
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • PWS-MSNCrack は、MSN メッセンジャー パスワード詐取型トロイの木馬です。これは、スペイン語版の Windows および MSN メッセンジャーをターゲットにしています。
  • このトロイの木馬が起動しているときに、ユーザが MSN メッセンジャーにログインすると、MSN メッセンジャーには接続できず、トロイの木馬の GUI(グラフィカル・ユーザインタフェース)が表示されます。
  • このトロイの木馬は、ユーザに MSN メッセンジャーにログインしていると思わせて、トロイの木馬のウィンドウにユーザ名とパスワードを入力させ、この情報がトロイの木馬の作者に送信されるように作成されています。
  • このトロイの木馬の画像は、次のとおりです。

    注:外観上は、実際のスペイン語版 MSN メッセンジャーのログオン画面と同じものです。従って、この画像を見ただけでは、トロイの木馬に感染している証拠になりません。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • 明らかな感染の徴候はない。ただし、スペイン語を使用しないユーザに、スペイン語版MSNメッセンジャーのプロンプトが表示される場合、このトロイの木馬に感染している可能性がある。

TOPへ戻る

感染方法

  • このトロイの木馬は自身では繁殖しない。このトロイの木馬は、システムに自身の追加コピーを保存せず、また、システム起動時に自身のプログラムが読み込まれるようにインストールしない。

TOPへ戻る

駆除方法

■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る