ウイルス情報

ウイルス名

Pixie

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7628)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 Pixie1.0
亜種 Pixie1.0B
発見日(米国日付) 91/12/01


Pixieは、ファイル感染ウイルスであり、メモリには常駐しない。このウイルスは、COMMAND.COMを含む.COMファイルに感染する。

このウイルスに感染したファイルが実行されるたびに、現行ディレクトリ内のすべての.COMファイルに感染する。Pixieにはバグがあるため、このウイルスはすべての.COMファイルに感染し終わっても、それを認識しない。したがって、すぐに再感染し始める。ユーザがシステムをリブートしない限り、ウイルスはこのプロセスを繰り返す。