ウイルス情報

ウイルス名 危険度

Poldo

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4237
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4237 (現在7633)
対応エンジン 5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 02/12/11
発見日(米国日付) 02/12/10
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • このトロイの木馬には、ウイルス対策プログラムのふりをしており、一般的にはデマメールと関連があります。また、ポップアップウィンドウを表示させ、デフォルト検索ページとIEのデフォルトページを変えます。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • ウイルスを実行すると、WINDOWS SYSTEM (%SysDir%) フォルダに以下のようなファイル名で自身をコピーします。
    • AVIRCHK.EXE
    • JDBGMRG.EXE (NOTE: このファイル名は共通システムファイルの JDBGMGR.EXE と非常に似ていますが、同じではありません。)
  • PC起動時に自身をロードするためのレジストリキーを作成します。
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
    • Run "MSConfigr" = C:\WINDOWS\SYSTEM\JDBGMRG.EXE
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
    • Run "VirusCheckII" = C:\WINDOWS\SYSTEM\AVIRCHK.EXE
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
    • RunServices "MSConfigr" = C:\WINDOWS\SYSTEM\JDBGMRG.EXE
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
    • RunServices "VirusCheckII"= C:\WINDOWS\SYSTEM\AVIRCHK.EXE
  • 追加マーカーキーを作成します。
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion "OEMCurrentVersion" = tVersion

TOPへ戻る

感染方法

  • トロイの木馬は自己複製せず、有能な機能を持っているように見せかけた実行ファイルをユーザが手動で実行することで繁殖します。ウイルスの流通経路は、IRC、Peer-To-Peerネットワーク、ニューズグループなどがあります。また、ウイルス対策チェックプログラムの下に配信される可能性があります。

TOPへ戻る

駆除方法

■指定のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出して下さい。検出されたすべてのファイルを削除してください。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る