製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:PQ
ウイルス情報
ウイルス名危険度
Proxy-FBSR
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4292
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4368 (現在7513)
対応エンジン4.2.40以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名Backdoor.Ranky (NAV)
Bck/Ranck (Panda)
BKDR_RANKY (Trend)
Troj/Ranck (Sophos)
TrojanProxy.Win32.Ranky (KAV)
W32/Rank (Norman)
Win32.Ranck (CA)
情報掲載日04/06/08
発見日(米国日付)04/05/19
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
07/27RDN/Generic ...
07/27W32/Sdbot.wo...
07/27RDN/Generic ...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7513
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


ウイルスの特徴TOPに戻る

・Proxy-FBSRはターゲットマシン上でプロキシの機能を果たす悪質ソフトウェアとして検出されます。プロキシ型のトロイの木馬は、リクエストを行うシステムと送信先ホストの仲介者の役割を果たし、指定されたTCPポートでリクエストの受信待機を行います。次に、受信したリクエストを感染したシステムから送信先に送信します。さらに、送信先サーバからの応答を発信元のホストに転送します。

・Proxy-FBSRの作者や配布者は、このプロキシにより、感染したシステムを利用して身元を隠し、自分たちの素性や所在を明らかにすることなく、インターネットのさまざまな箇所に誘導できます。

・このようなプロキシは、匿名によるWebサーフィン、システムのハッキング、スパムのリレーに利用可能です。

・Proxy-FBSRには複数の亜種があり、以下の詳細はそのうちの1つの亜種に関するものです。ファイル名、レジストリキーの名前、ファイルサイズなどの詳細は亜種によって異なります。

・実行時、ターゲットマシン上のポートが開かれ、受信待機を行います。ポートの番号は亜種によって異なる可能性があります。AVERTが受け取った1つのサンプルではポート53201を使用していました。

・感染したマシンが再起動されるたびにプロキシを再起動するレジストリ項目が追加されます。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run "Services" = %トロイの木馬のパス% \Winuoa.exe

%トロイの木馬のパス%とは、トロイの木馬が実行される場所を指します。

・AVERTが受け取ったサンプルでは、ターゲットマシンへのインストールは確認されませんでした。それ以外の亜種については、WindowsまたはSystemディレクトリに自身をコピーしてインストールを行う可能性があります。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る
  • 予期しないネットワークトラフィックが発生します。
  • 上記のファイルおよびレジストリ項目が存在します。

感染方法TOPへ戻る
・トロイの木馬は自己複製しません。多くの場合、その実行可能ファイルに何らかの益があると思わせて手動で実行させることにより繁殖します。IRC、ピアツーピアネットワーク、ニュースグループへの投稿、電子メールなどを通じて配布されます。

駆除方法TOPへ戻る