ウイルス情報

ウイルス名 危険度

Qhosts.apd

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4352
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4368 (現在7656)
対応エンジン 4.2.40以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 04/05/06
発見日(米国日付) 04/04/28
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

ウイルスの特徴

2004/05/06 更新

Qhosts.apdの検出数が増加しています。
これは、 MS04-011の脆弱性(LSASSの脆弱性(CAN-2003-0533))を利用するW32/Gaobot.wormsの新しい亜種によるものです。
このファイルは、ワームの実行された上にドロップされます。これらのワームのほとんどがサービス、プロセスリストに確認されません。 ・Qhosts.apdは偽のHOSTSファイルです。

・Windowsでは、HOSTSファイルを使用して、URLのIPアドレスを解決します。パフォーマンス上の理由から、Windowsは最初にHOSTSファイルを確認し、適切な項目が見つからない場合は、DNSおよびWINSを使用して、IPアドレスを解決しようとします。

・数は少ないですが、W32/Polybot.gen!irc、W32/Gaobot.wormのようなワームは、HOSTSファイルを偽のファイルに置き換えます。HOSTSファイルにはURLのリストが格納されており、これらをLocalHostである127.0.0.1に転送します。

・その結果、ユーザは、使用しているウイルス対策またはセキュリティソフトウェアのベンダーのウェブページにアクセスできなくなることがあります。また、一部のウイルス対策ソフトウェアは、更新ができなくなることもあります。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

・以下のURLがLocalHost(127.0.0.1)に転送されます。
  • www.symantec.com
  • securityresponse.symantec.com
  • symantec.com
  • www.sophos.com
  • sophos.com
  • www.mcafee.com
  • mcafee.com
  • liveupdate.symantecliveupdate.com
  • www.viruslist.com
  • viruslist.com
  • viruslist.com
  • f-secure.com
  • www.f-secure.com
  • kaspersky.com
  • kaspersky-labs.com
  • www.avp.com
  • www.kaspersky.com
  • avp.com
  • www.mcafee.com
  • networkassociates.com
  • www.ca.com
  • ca.com
  • mast.mcafee.com
  • my-etrust.com
  • www.my-etrust.com
  • download.mcafee.com
  • dispatch.mcafee.com
  • secure.mcafee.com
  • nai.com
  • www.mcafee.com
  • update.symantec.com
  • updates.symantec.com
  • us.mcafee.com
  • liveupdate.symantec.com
  • customer.symantec.com
  • rads.mcafee.com
  • trendmicro.com
  • www.trendmicro.com
  • www.grisoft.com

TOPへ戻る

感染方法

・Qhosts.apdは、W32/Polybot.gen!ircW32/Gaobot.wormのようなトロイの木馬またはワームによってドロップ(作成)されることがあります

TOPへ戻る

駆除方法

■指定のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る