ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/Pate.b.worm

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4167 (現在7633)
対応エンジン 4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 PE_PARITE.A (Trend), W32.Pinfi (Symantec), W32/Parite-B (Sophos), W32/Parite.B (F-Prot), W32/Parite.B (Panda), Win32.Parite.b (AVP), Win32.Pinfi.A (CA)
情報掲載日 02/09/17
発見日(米国日付) 01/10/15
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • これは、暗号化されたファイル感染型ウイルスです。アクセス可能なネットワーク共有とローカルシステムの Windows ディレクトリとサブディレクトリにある PE EXE SCR ファイルに付加します。このウイルスは、"?" 文字が続くランダムな 3 文字セクションヘッダーで付加 PE セクションを作成します。

  • 下記のレジストリキーを作成します。

    • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\ CurrentVersion\Explorer\PINF

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • ファイルサイズが、最大 177 KB 増加する。
  • 上記のレジストリキーが存在する。

TOPへ戻る

感染方法

TOPへ戻る

駆除方法

TOPへ戻る