ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/Petik@MM

企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4144
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4374 (現在7659)
対応エンジン 4.0.70以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 I-Worm.Winmine, W32.Mineup.Worm
情報掲載日 01/07/19
発見日(米国日付) 01/06/13
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • W32/Petik@MMは、Windowsのゲームソフト「マインスイーパー」のアップデート版に見せかけた、単純なマスメーリング ウイルスです。

  • このウイルスが起動すると、次のメッセージ ボックスが表示されます。

  • このウイルスは、自身のプログラムをWinmine.exeという名前でWINDOWS SYSTEMディレクトリにコピーします(通常、有効なWINMINE.EXEプログラムはWINDOWSディレクトリにあります)。

  • システム起動時にこのプログラムが読み込まれるように、WIN.INIエントリが作成されます。

    [windows]
    load=C:\WINDOWS\SYSTEM\WINMINE.EXE

  • リブート時に、WINMINE.EXEファイルがSYSTEMディレクトリから実行されます。これにより、554バイトのVBScriptファイル"C:\ENVOIE_VBS.vbs"が作成、実行されます(このVBScriptファイルは、VBS/Generic@MMとして検出されます)。

  • このスクリプトは、Microsoft Outlookのアドレス帳に登録されているすべての宛先に、次の電子メールを配信します。

    件名Is the work so hard ??
    本文Relax you with the last version of .
    添付ファイルWinmine.exe

  • 15日になると、メッセージ ボックスが表示され、マウスの設定が左利きユーザ用に改変されます。5分後にWindowsがシャットダウンします。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

TOPへ戻る

感染方法

TOPへ戻る

駆除方法

TOPへ戻る