ウイルス情報

ウイルス名

W97M/Page

危険度
対応定義ファイル 4042 (現在7659)
対応エンジン 4.0.25以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付) 99/08/25


これはクラスモジュールのマクロウイルス (W97M/Class、W97M/Ethan) で、Word 97文書とテンプレートに感染する。Word97のSR−1リリースで自己複製が可能。ThisDocumentというモジュールで構成されている。ソースコードをc:\pagefile.datのファイルに書き込み、このファイルを参照してウイルス名がつけられる。c:\class.sys ファイルが存在すれば、このファイルを削除する(W97M/Classウイルスがもうひとつのソースコードを書き込む)。感染時にソースコードファイルからコードを移動する。

未感染のシステムでは、感染文書を開いた際のマクロ警告機能、およびマクロ保護警告機能が有効。c:\pagefile.datが存在し、グローバルテンプレートのサイズの増加。NORMAL.DOTへの変更に対する確認。