ウイルス情報

ウイルス名 危険度

X97M/Pathetic.d

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4203
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4203 (現在7656)
対応エンジン 4.1.50以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 02/05/17
発見日(米国日付) 02/05/15
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法


概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • このウイルスは、 X97M/Pathetic として検出されます。 Basilisk という1つのモジュールを含んでいます。
  • 感染したワークブックを開くと、このウイルスはEscキーを無効にします。自身を book1.xls として Xlstart フォルダに保存し、ウイルスコードを C:\Draco にエクスポートします。次に、 c:\autoexec.bat を編集して、 @echo T'as ete mordu par... Le bec du Saumon " Application.UserName" というメッセージを挿入します。5月にアクティブなワークブックを閉じます。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • C:\Draco というファイルが存在する(このファイルは感染していない)。
  • 次のメッセージが C:\autoexec.bat に存在する。
    @echo T'as ete mordu par... Le bec du Saumon " Application.UserName"
  • 5月にアクティブなワークブックが閉じる。

TOPへ戻る

感染方法

TOPへ戻る