ウイルス情報

ウイルス名 危険度

X97M/Pink

企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4137
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4137 (現在7656)
対応エンジン 4.0.70以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 Excel97Macro/Pinkpick.A (CA),Macro.Excel97.Pink (AVP),X97M.Pink.A.Gen (NAV),X97M.Pink.A.Gen (NAV),X97M/Pinkpick.A (FProt),X97M_PINK.A (Trend)
情報掲載日 01/06/21
発見日(米国日付) 01/05/03
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • ・X97M/Pinkは、Microsoft Excel 97(またはそれ以上)のスプレッドシートを対象とするポリモアフィック型マクロ ウイルスです。

  • 感染文書を開くと、XLStartフォルダにB00k1.xlsファイルを作成するサブルーチン"pink"が起動します。

  • 6月15日には、アクティブなワークシートのすべてのセルが消去され、列の幅は2.75、行の高さは15、ズーム倍率は25に設定されます。

  • 月と日付を足して13または22になると、ワークブックにランダムなパスワードが設定されます。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

TOPへ戻る

感染方法

TOPへ戻る

駆除方法

TOPへ戻る