ウイルス情報

ウイルス名 危険度

Exploit/RetuenSP.A

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 脆弱性を利用
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
N/A
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
N/A (現在7634)
対応エンジン 5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 2011/09/29
発見日(米国日付) 2011/06/27
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

・Exploit/RetuenSP.Aは脆弱性を利用してAndroidデバイスのルートを取得するエクスプロイトです。

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

・Exploit/RetuenSP.Aは環境変数の値を入手します。値には「プロパティシステム」の共有メモリハンドルおよびサイズが格納されています。Exploit/RetuenSP.Aは特定の変数の値を設定します。Exploit/RetuenSP.Aは特定のプロセスを強制終了して再起動します。再起動時、ルート権限を取得します。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • Androidのプロパティシステムの値を改変し、ルート権限を取得します。

TOPへ戻る

感染方法

・Exploit/RetuenSP.Aはシステムの脆弱性を攻撃します。ユーザはセキュリティ修正プログラムを適用し、システムを最新バージョンに更新すべきです。このエクスプロイトは、マルウェアがルート権限を取得するのに使われます。いつも言われていることですが、ユーザは絶対に見覚えのないソフトウェア、信頼できないソフトウェアをインストールしてはなりません。クラックされたアプリケーションなど、違法なソフトウェアはマルウェアの感染源であるため、絶対にインストールしないでください。

TOPへ戻る

駆除方法

TOPへ戻る