ウイルス情報

ウイルス名

Reaper

Reaperは、メモリ常駐型のファイル感染ウイルスで、.COMファイルおよび.EXEファイルに感染するが、COMMAND.COMやA:ドライブ上のファイルには感染しない。

感染すると、システムメモリの最上位で、DOSの640K境界以下に常駐するようになり、割り込み21をフックする。割り込み12のリターンは移動しない。

また、いったんメモリに常駐すると、.COMファイルや.EXEファイルが、実行された場合を除き、何らかの理由でコピーされるか開かれた場合に、そのファイルに感染する。