ウイルス情報

ウイルス名

Revelation

Revelationは、暗号化メモリ常駐ステルス型のファイル感染ウイルスで、COMMAND.COMを含む.COMファイルに感染する。

感染すると、システムメモリの最上位で、DOSの640K境界以下に常駐するようになる。その際、割り込み12のリターンは移動せず、割り込み21および22をフックする。

また、いったんメモリに常駐すると、DOS DIRコマンドが実行された場合に、サイズが4,096バイトを超える.COMファイルに感染する。このウイルスは、発見した.COMファイルに必ず感染するわけではなく、そのファイルの終わりに10バイトを追加することもある。