製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:R
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
Riot.Evil
真の.COMファイル(すなわち、MZまたはZM署名のないもの)のみが感染する。

このウイルスは、576バイトのRAMを使用し、メモリ制御ブロックに入り込んで、そのブロックをDOSに属するものとしてマーク付けする。また、ステルステクニックを使って、タイムスタンプ(ウイルスが自己認識に使用)に2秒を持つすべてのファイルのサイズを、573バイト減少させる。そのため、そのような作成時間を持つ未感染のファイルに関しては、DIRでリスト表示したときに、誤ったサイズが表示される。

このウイルスは、複雑なジャンプ構造を使用している。おそらく、発見的なアナライザを混乱させたり、調査を複雑にしたりすることを目的としているが、この試みは失敗に終わっている(暗号化さえもされていない)。

また、このウイルスの終わりには、Softare Labs Stay Coolなど、程度の低い文字列がいくつか含まれており、このことから、この名前が付けられている(「software」のスペルミスに注目)。

このウイルスは、おそらく、Riot.Evil.769ウイルスを修正したものである。