ウイルス情報

ウイルス名

W97M/Rendra

種別 ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4074
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4074 (現在7628)
対応エンジン 4.0.35以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 W97M/Chiao, W97M_Ferie.a
情報掲載日 00/05/11
発見日(米国日付) 00/04/06
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法


W97M/Rendraは、Word97/2000の文書とテンプレートに感染するクラスモジュールマクロウイルスです。このウイルスは、文書のオープン、クローズ、および作成といったWordのイベントハンドラをフックします。ウイルスに感染したWord環境内でこれらの操作が行われると、ウイルスコードが実行されます。このウイルスには、特定の日付になると起動する発病ルーチンがあります。この発病ルーチンはテキストを文書に挿入します。

このウイルスには、W97M/Markerウイルスが持つ技術的な特徴があり、コード検索を実行して、コードの先頭にある"marker"コメントを探します。これは、感染文書があるかどうかを確認するためのセルフチェックで、該当のコメントが見つからないと、文書に感染します。コメントは以下のとおりです。
"'{ - This function should never be deleted - }"

2000年4月3日から2000年5月10日の間と、2000年9月15日以降は、以下のような発病ルーチンが起動する場合があります。

1. 新しい文書を作成すると、感染したWord文書に以下のテキストが挿入されます。

"Microsoft vous souhaite la bienvenue !!!"

このテキストは赤色の太字で、文書の先頭に現れます。背景の色は緑です。

2. 文書を閉じるときに、以下のメッセージボックスが表示されることがあります。

"Vive les mercredi et les jours feries..."
"Merci d'avoir utilise ce bel outil qu'est M.S. WORDS !!!
Bill GATES vous le rendra !)"

3. 2000年9月15日以降に文書を閉じたり、作成したりすると、感染したWord文書に以下のテキストが挿入されます。

"Ciao !!!" このテキストは赤色の太字で、文書の最後に現れます。背景の色は緑です。