ウイルス情報

ウイルス名

WM/Rapi.X;Y;Y1

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7634)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
亜種 WM/Rapi.X, WM/Rapi.Y, WM/Rapi.Y1
発見日(米国日付) 97/06/01


Word (Windows版、Macintosh版)で作動するマクロウイルスである。感染ファイルの構成マクロはRPAE, AUTOOPEN, RPFS, RPFSA, RPFO, RPTC, RPTMである。NORMAL.DOTではAUTOEXEC, RPAE, RPAO, FILESAVE, RPFS, FILESAVEAS, RPFSA, FILEOPEN, RPFO, TOOLSCUSTOMIZE, TOOLSMACROにリネームされる。自動マクロを使って発動する。

感染システムではTOOLS|MACRO、TOOLS|CUSTOMIZE機能が隠蔽される。(注!これらのコマンドを使わないように。そのタイミングでウイルスが発動する)。これらのコマンドを実行すると、以下のようなメッセージボックスが表示される。

-Err@#*(C)X

Fail on step 29296


OK

この他テキストファイルC:\BACALAH.TXTを投下する。内容は' Assalamualaikum . . .'で始まるインドネシア語である。

亜種Y、Y1はコードが若干変更されている。