製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:R
ウイルス情報
ウイルス名危険度
Renamer.c
企業ユーザ:
個人ユーザ:
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4246
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4246 (現在7548)
対応エンジン4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日03/01/30
発見日(米国日付)03/01/29
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
08/31PWS-Mmorpg.g...
08/31Generic.tfr!...
08/31PWS-Mmorpg.g...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7548
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


ウイルスの特徴TOPに戻る

・Renamer.cはトロイの木馬で、複数のシステムファイルの名前を変更して、システムを再起動不能にします。レジストリキーを改変、追加、または削除することはありません。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る

・Renamer.cが実行されると、以下のファイル名を変更して終了します。

systemrootデイレクトりのファイル

XPLDR
オリジナルのファイル名  変更後のファイル名
AUTOEXEC.BATAUTOEXEC.OLD
BOOT.INIBOOT.OLD
CONFIG.SYSCONFIG.OLD
IO.SYSIO.OLD
MSDOS.SYSMSDOS.OLD
NTDETECT.COMNTDETECT.OLD
NTLDR

%windir%ディレクトリのファイル

オリジナルのファイル名変更後のファイル名
SYSTEM.INIETHERNET.INI
WIN.INITCPIP.INI

・Renamer.cが実行された場合、手動で上記のファイル名を変更してください。

感染方法TOPへ戻る

・トロイの木馬は自己複製せず、有能な機能を持っているように見せかけた実行ファイルをユーザが手動で実行することで繁殖します。IRC、ピアツーピアネットワーク、ニュースグループへの投稿、電子メールなどを通じて配布されます。

駆除方法TOPへ戻る
  • スクリプト、バッチ、マクロ、非メモリ常駐型:
    検出・駆除には現在のエンジンと定義ファイルを使用してください。

  • PE、トロイの木馬、インターネットワーム、メモリ常駐型:
    検出には対応したエンジンと定義ファイルを使用してください。駆除には、MS-DOS モードまたは、起動ディスクを使用して起動し、command line scanner:SCANPM /ADL /CLEAN /ALL を使用してください。

SCANPM /ADL /CLEAN /ALL

 Additional Windows ME/XP removal considerations

AVERT推薦アップデート