ウイルス情報

ウイルス名

AC2KM/Star

種別 ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4089
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4089 (現在7633)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 AC97M/Star, ACAD.Star, ACAD/Star, Autocad2k\Star
情報掲載日 00/08/03
発見日(米国日付) 00/07/18
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法


*メモ: AC2KM/Starは、一般に普及しているかどうかは不明で、2000年7月18日にWebページ上でソースコードが公開されました。AC2KM/Starをウイルスとして認定するためには、まだ確認すべき点があります。このため、このコメントはAC2KM/Starの構成概念を知らせるだけとしますが、AC2KM/Starは危険なウイルスではありません。

AC2KM/Star は、AutoCad 2000 で作成した図面に感染するウイルスです。ただし、AutoCad LT 2000はVBAに対応していません。このウイルスは、'ThisDrawing'というVisual Basicプロジェクトのクラスモジュールの一部に存在します。AC2KM/Starは、破壊的なウイルスではありません。

AC2KM/Starは、テキスト文字列を検索することによって、すでにホスト文書に感染しているかどうかを調べるために、W97M/Markerのテクニックを利用します。ほかに、この検索方法を使うウイルスにはW97M/Thusがあります。また、このウイルスの作者は、モデルとして、V5M/Radiant(最初のVisioマクロウイルス)のコードを使用していると思われます。

このウイルスでは、ソースコードの最後に次のコメントラインが含まれますが、表示されることはありません。

'[Autocad2k\Star]
'[A.s.T]
'Big Greetz to some0ne really special
''You`ll always be a star in my sky'

現在のところ、4.0.70 エンジンでVirusScan v4.5を使用すると、ACADプロジェクトファイル (.DVB) 内にあるウイルスを検出し、除去することができますが、図面ファイル(.DWB)には使用できません。AVERTは、この機能の研究を進めています。

図面ファイルを閉じるときに、Autocad図面に加えた変更を保存するように求められますが、実際には何も変更されていません。