ウイルス情報

ウイルス名

Smiley

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7656)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付) 92/01/01


Smileyは、メモリ常駐型ウイルスで、その感染メカニズムは、.COMファイルに感染する非常駐の直接アクション型ウイルスと同じである。メモリに常駐している部分は、ウイルスのスクリーン効果にだけ使用される。

このウイルスに感染したファイルが実行されるたびに、現行ディレクトリにある1つの.COMファイルに感染する場合がある。感染ファイルが実行されても、このウイルスはファイルに感染しない場合もある。たとえば、ウイルスが現行ディレクトリを検索して、非常に小さい未感染の.COMファイルを見つけた場合、通常、そのファイルが実行されても、感染しない。