ウイルス情報

ウイルス名

Steroid.A

種別 ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4002 (現在7656)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 W97/MSteroid.Poppy
亜種 Steroid.A
情報掲載日 98/03/15
発見日(米国日付) 98/03/01
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法


  • Steroid.Aは、Windowsプラットフォーム上でMicrosoft WORDバージョン97のWord文書に感染することによって繁殖します。

  • 感染文書で、このウイルスは次のマクロで構成されています。 STEROID、HELPABOUT、FILESAVE、FILESAVEAS、FILEPRINT、FILECLOSE、FILEEXIT、AUTOOPEN、AUTOEXIT、AUTOCLOSE、VIEWVBCODE、CAFFEINE、SUSTANON、ANADROL

  • このウイルスは、AutoMacrosおよびSystemMacrosを使用することによってアクティブになります。

  • 上記のマクロは、INJEKTモジュールに保存されます。

  • メインの発病ルーチンは、Windowsプラットフォーム上でAnxiety.Poppyウイルスを落とし込みます。このときの順序は、コマンドパスにDEBUG.EXEがあるかどうかによって異なります。

  • [ヘルプ]→[バージョン情報]を選択すると、次のメッセージボックスが表示された後に、W97M/Steroid.Poppyというタイトルのメッセージボックスが表示されます。