製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:S
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
W97M/Seqnum
種別ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4060 (現在7401)
対応エンジン4.0.25以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日00/01/31
発見日(米国日付)99/12/30
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法

セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
03/31RDN/Generic....
03/31StartPage-NY...
03/31PWS-Banker.g...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7401
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 




これはWord 97文書に感染するクラスモジュール ウイルスです。Word 97のSR-1リリース以降で、自己複製が可能です。またWord 97のマクロ警告機能をオフにします。このウイルスは、通常"ThisDocument"という名前のクラスストリームの中にある、1つのモジュールで構成されています。このウイルスは、Microsoft Officeアプリケーションのディレクトリに一時テキストファイルを作成し、ウイルスコードを含んだファイル(ファイル名は通常"8602.bas")を保存します。 このウイルスは、"ConsecutiveHyphensLimit"という文書プロパティの追跡に使用される変数から、W97M/Seqnumと名付けられました。このプロパティに保存されている値は、"SeqNum"という変数の初期化に使用されます。

このウイルスは、Word 97の文書を開くというシステムイベントを、サブルーチン"Document_Open"でフックし、これによりコードを起動させます。またこの他、サブルーチン"Document_Close"によって文書を閉じるというシステムイベントもフックされます。

このウイルスの発病は、年数にかかわらず1月1日に作動します。WIN.INIファイルを検索し、Microsoft Officeアプリケーションのディレクトリに移動した後、"8602"というファイル名に改変します。

このウイルスのもう一つの発病は、感染ファイルにフッタ(通常"8602@hnet.pen")を付けるというもので、週の3日目(水曜日)に作動します。