製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:S
ウイルス情報
ウイルス名危険度
Shake
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4164
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4164 (現在7600)
対応エンジン4.0.70以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名Shake.Trojan (NAV), Win32.Shaker (CA)
情報掲載日01/09/25
発見日(米国日付)01/09/21
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
10/22Generic Down...
10/22Generic Down...
10/22FakeAV-M.bfr...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7600
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


概要TOPに戻る

ウイルスの特徴TOPに戻る

このトロイの木馬は、ウイルスを配布するウェブ・サイト上のW32/Nimda@MMウイルスのコピーとして、配布されます。このトロイの木馬は、ただ1つのペイ・ロードを含む、簡単なものです。このペイ・ロードは、最前面のウィンドウを、最前面から最後面へと素早く繰り返して表示(Shake)させます。このトロイの木馬はウイルス自身をスタート・アップ時に実行する、または別のディレクトリへウイルス自身をコピーすることはありません。ただリブートするだけで、メモリからプログラムを消去させます。

実行時には、下記のようなと書かれたメッセージ・ボックスが最前面から最後面へと素早く繰り返して表示されます。

OKボタンをクリックするだけでは、プログラムを消去することはできません。消去するには、プロセスを終了させる、またはWindowsをリブートさせなければ行けません。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る
ウインドウ、メッセージ・ボックスが、最前面から最後面へ繰り返し表示される場合

感染方法TOPへ戻る
トロイの木馬を実行すると、ウイルス自身がメモリの中で実行されます。システムをリブートさせるか、実行プロセスを停止させると、ウイルスはメモリの中から消去されます。

駆除方法TOPへ戻る

Windows ME の場合

注意:Windows Meは、バックアップユーティリティを使って、選択されたファイルのバックアップを、C:\_Restoreフォルダに自動的に保存します。つまり、感染ファイルも同じくバックアップファイルとして保存される可能性があり、ウイルススキャンはこれらのファイルを消去することができません。C:\_Restoreフォルダからの感染ファイルの消去の方法は、下記の指示で説明しています。

システム復元機能を無効にする

  1. デスクトップのマイ・コンピュータを右クリックし、プロパティを開きます。
  2. 「パフォーマンス」タブをクリック
  3. 「ファイル・システム」ボタンをクリック
  4. 「トラブル・シューティング」タブをクリック
  5. 「システム復元を使用しない」をチェック
  6. 「OK」を2回クリック
  7. コンピューターを再起動するとを確認されますので、「はい」をクリック
    注意:システム復元機能は使用不可になります
  8. コンピューターをセーフ・モードで再起動します
  9. ウイルススキャンで全ての感染ファイルを消去するためにスキャンを実行、またはC:\_Restoreフォルダにあるファイルをブラウズし、ファイルを消去します
  10. 希望のファイルを消去したら、コンピューターを通常に再起動します
    注意:システム復元機能を再度、使用可にするには、1から7のステップを繰り返し、ステップ5で「システム復元を使用しない」のチェックマークを外します。感染ファイルは駆除され、システム復元機能は再度アクティブになります。
マイクロソフト社「システム復元機能を無効にする方法」もご参照下さい