製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:S
ウイルス情報
ウイルス名危険度
VBS/Sludge.worm
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4246
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4295 (現在7600)
対応エンジン4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日03/02/04
発見日(米国日付)03/02/03
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
10/22Generic Down...
10/22Generic Down...
10/22FakeAV-M.bfr...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7600
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


ウイルスの特徴TOPに戻る

・VBS/Sludge.wormは、定義ファイル4100〜4245でマクロおよびスクリプトヒューリスティックを有効にしてスキャンすると、“New Script”(特定のウイルス名ではなく、ウイルスの総称です)として検出されます。

・VBS/Sludge.wormはVBScriptウイルスで、KaZaa、Kazaa Lite、Bearshare、Edonkey2000、Morpheusアプリケーションなどのピアツーピアファイル共有で繁殖しようとします。ウイルス作成者のコードミスで、このウイルスが繁殖するにはKazaa Liteが必要です。

・VBS/Sludge.wormが実行されると、以下のファイル名で自身のコピーを作成します。

●10 naked teens.jpg.vbs
●15yteenf**k.jpg.vbs
●Ad-Aware6.tar.vbs
●Anton - Schwul oder was.mp3.vbs
●Bin Laden's Home.doc.vbs
●Bush is crazy(and stupid).doc.vbs
●Eminem - I am your father.mp3.vbs
●How To Rip DVDs.txt.vbs
●illegalsex.jpg.vbs
●Kamasutra2003.doc.vbs●kievgirl.jpg.vbs
●Young russian teens.jpg.vbs

・次のフォルダが存在する場合は、このフォルダに上記のファイルを作成します。

●%Program Files%\kazaa lite\my shared folder

・以下のフォルダにも自身のコピーを作成しようとします(ただし、テストでは実行しませんでした。)

●%Program Files%\bearshare\shared
●%Program Files%\edonkey2000\incoming
●%Program Files%\kazaa\my shared folder
●%Program Files%\morpheus\my shared folder

・%Temp%ディレクトリに“_uninst12.vbs”というファイル名で自身をコピーして、システム起動時に読み込むように次のレジストリ実行キーを作成します。

●HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Runfaststart" = "%Temp%\_uninst12.vbs"

・3月3日に、次のメッセージボックスを表示します。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る

・上記のファイルとレジストリキーが存在します。

感染方法TOPへ戻る

・VBS/Sludge.wormは、Kazaa Liteピアツーピアファイル共有アプリケーションを介して繁殖します。