ウイルス情報

ウイルス名

Spanska.4250

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7633)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付) 97/09/01


Spanska.4250は、メモリ常駐型のファイル感染ウイルスで、.COMファイルおよび.EXEファイルの最後に書き込むことによって、それらのファイルに感染する。このウイルスは、ステルス型ではないので、使用可能な空きメモリ容量の変更を検出できる。このウイルスはポリモアフィック型であるため、検出と駆除がやや困難である。