ウイルス情報

ウイルス名 危険度

VBS/SST@MM

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4123
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4123 (現在7633)
対応エンジン 4.0.70以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 Home Page, HomePage, I-Worm.Homepage, VBS.VBSWG2.D@mm, VBS/VBSWG-X, VBS_HomePage.A, VBSWG.X, VBSWG.X@MM
情報掲載日 01/05/09
発見日(米国日付) 01/05/09
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

現在、ワクチンメーカー各社でHomePageと呼ばれているウイルスについては、VirusScanなど弊社製品では、'VBS/SST.gen@MM'という名称で亞種ウイルスとして検出いたします。

2001年2月に発行したウイルス定義ファイル(DATファイル) バージョン4123にてすでに対応しております。


いわゆるメール大量送信型ウイルスです。添付ファイルをクリックすると、Outlookの宛先全員に以下のようなメールを送られます

件名Homepage
本文Hi! You've got to see this page! It's really cool ;O)
添付ファイルhomepage.html.vbs

メールを送信した後、件名が"Homepage"となっているメール、つまりウイルスメール自身を削除します。これはウイルスの活動を隠すためだと思われます。その後で、4種のわいせつなWebサイトのうち1つをランダムに選び出して、ブラウザで表示します。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

TOPへ戻る

感染方法

TOPへ戻る

駆除方法

TOPへ戻る