ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/Sasser.worm.g

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4388
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4388 (現在7634)
対応エンジン 4.3.20以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 Sasser.G (F-Secure) W32.Sasser.G (Symantec) Worm.Win32.Sasser.g (AVP)
情報掲載日 2004/08/25
発見日(米国日付) 2004/08/24
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

ウイルスの特徴

・W32/Sasser.worm.gは、以下の点を除いて、W32/Sasser.worm.fなどのこれまでの亜種と同様の動作を行います。

  • skynet.cplというファイル名でWINDOWSディレクトリにW32/Netsky.AC@MMワームをドロップ(作成)して実行します。
  • avserve3.exeというファイル名で自身をWINDOWSディレクトリにコピーし、以下のレジストリランキーを作成します。
    ○HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run "avserve3.exe" = C:\WINDOWS\avserve3.exe

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

avserve3.exeファイルおよび以下のレジストリキーが存在します。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run "avserve3.exe" = C:\WINDOWS\avserve3.exe

TOPへ戻る

感染方法

・W32/Sasser.worm.gはMicrosoft Windowsのセキュリティホールを利用することで繁殖し、ユーザが何もしなくても、マシンからマシンへとウイルスを広げていきます。

・繁殖のメカニズムはこれまでの亜種のものと同様です。

  • W32/Sasser.worm.gはIPアドレスをランダムにスキャンし、利用可能なシステムを探します。該当するシステムを発見すると、LSASS.EXE内のバッファをオーバーフローさせることでセキュリティホールのあるシステムを利用します。
  • W32/Sasser.worm.gはTCPポート9996上にリモートシェルを作成します。
  • 次にcmd.ftpという名前でFTPスクリプトをリモートホストに作成し実行します。FTPスクリプトでは、FTP.EXEアプリケーションを使用して、感染したマシン(ポート9996)からリモートホストにワームを取り出します。次にW32/Sasser.worm.gが実行されます。
  • このFTPスクリプトは、標的となるマシンに、ウイルスに感染したホストからW32/Sasser.worm.gを上述の#_up.exeファイルと共にダウンロードして実行するように指示します。
  • このウイルスに感染したホストはTCPポート9996上のFTPトラフィックを受け入れます。

・W32/Sasser.worm.gは複数のスレッドを発生させます。スレッドにはローカルクラスAのサブネットをスキャンするもの、クラスBのサブネットをスキャンするもの、完全にランダムなサブネットをスキャンするものがあります。10.0.0.0や192.168.0.0のようなパブリックがローカルサブネットに存在する場合のみ、W32/Sasser.worm.gはパブリックのスキャンを行います。攻撃の対象となるポートはTCP445です。

TOPへ戻る

駆除方法

■指定のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る