ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/Sdbot.worm!ftp

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4389
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4389 (現在7627)
対応エンジン 4.3.20以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 2004/09/06
発見日(米国日付) 2004/09/01
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

ウイルスの特徴

・W32/Sdbot.worm!ftpはウイルスによってドロップ(作成)されるFTPスクリプトです。

・このスクリプトが確認されたマシンは、W32/SDBot.worm.genの亜種に感染したマシンによって、リモート「攻撃」されます。

・W32/SDBot.worm.genの亜種は、DCOM-RPC(詳細はhttp://www.mcafee.com/japan/security/virR2003.asp?v=RPC%20Interface%20Buffer%20Overflow%20(7.17.03)(7.17.03)および修正プログラムへのリンクを参照)と、LSASSすなわちMS04-011の脆弱性を利用して、脆弱なマシン上でバッファオーバーフローを発生させ、この短いFTPスクリプトをローカルディスクに書き込みます。

・通常は、このFTPスクリプトを使用して、元の感染ホストからワームのコピーを引き出し、ワームをローカルシステム上で実行し、マシンの感染を拡大します。

・McAfee VirusScanは、W32/SDBot.wormの新しい亜種をダウンロードする前に、FTPスクリプトを検出します。ただし、システムの脆弱性はそのままなので、できるだけ早く修正プログラムを適用する必要があります。

・なお、これらの修正プログラムは数か月前からマイクロソフト社から公開されています。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

・W32/Sdbot.worm!ftpはFTPスクリプトです。

TOPへ戻る

感染方法

・LSASSおよびDCOM-RPCのバッファオーバーフローの脆弱性を利用します。

TOPへ戻る

駆除方法

TOPへ戻る