ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W95/Sledge

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4200
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4289 (現在7628)
対応エンジン 4.0.70以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 W95/Sledge.GR
亜種 W95/Sledge.735
情報掲載日 02/05/01
発見日(米国日付) 02/04/23
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法
このウイルスには、4200定義ファイルで対応いたします。4200定義ファイルは02/05/02に発行の予定です。それまでの間、このウイルスに対応するためにはβ版ウイルス定義ファイルをお使いください。

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • W95/Sledgeは、PE(Portable Executable)形式のファイルを付加するだけのウイルスです。起動すると、Windows 95/98/MEのローカル システムにある.EXEファイルに感染します。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • .EXEファイルのサイズが689バイト増大する。

TOPへ戻る

感染方法

  • このウイルスは、.EXEファイルを付加します。テスト時には、感染後に多数の実行ファイルが破損しました。これらのファイルを実行しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

亜種情報

    亜種名種別相違点
    W95/Sledge.735ウイルス 

TOPへ戻る

駆除方法

TOPへ戻る