ウイルス情報

ウイルス名

WM/Slow.B

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7656)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
亜種 WMSlow.A
発見日(米国日付) 97/05/01


Word Version 6.x/7.x(Windows版、Macintosh版)で作動するマクロウイルスである。感染ファイルの構成マクロはAUTOCLOSEである。自動マクロを使って発動する。ウイルスマクロはWord標準機能「実行のみ可能」で暗号化されている。つまりユーザーはウイルスマクロを表示することも編集することもできない。Slow.Bはウイルスコードのテキスト文字列を変更して、検出されるのを避けるように設計されている。しかしこの自己変更コードの動きはきわめて緩慢なので、ユーザーは検索置換の過程をMS-Wordのステータス・バーで見ることができる。