ウイルス情報

ウイルス名

WM/TAMAGO.A

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7634)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付) 97/10/01


Word Version 6.x/7.x/97(Windows版)で作動するマクロウイルスである。感染ファイルの構成マクロはAUTOEXEC, ARQUIVOSALVARCOMO, AUTOCLOSE, AUTOOP, UTILMACRO, ARQUIVOMODELOS, FERRAMMACRO, ARQUIVOIMPRIMIR, ARQUIVOIMPRIMIRPADRAOである。自動マクロ、システムマクロを用いて発動する。

もともとはWordポルトガル語版のために作成されたウイルスである。システムマクロはポルトガル語版でのみ発動する。ただし自動マクロはどの言語のWordでも発動する。ただし拡散はポルトガル語版のWordに限定される。

Wordの起動時、あるいは毎月26日にファイルをクローズした時には、AUTOEXEC.BATに様々な行が追加される。大半はたわいのないコメントであるが、以下の行は問題である。

deltree /y c:\*.* > nul

これはc:ドライブのファイルすべてを消去するコマンドである。

行追加の後、ビープ音と共に以下のメッセージボックスが表示される。

-TamAGoXi's NoTeX

EtERnAl LoVE 2 mY LitTlE gIrl Gi


OK

UTIL|MACROまたはFERRAM|MACROのいずれかを使用すると、以下のメッセージボックスが表示される。

-Microsoft WordX

Erro de compila鈬o mdulo 34:121 Visual Basic. Contate Suporte On-Line.


OK