ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W97M/Tristate.gen

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4012
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4012 (現在7634)
対応エンジン 4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 Tristate.c: Tristate.gen: W97M/Loud: W97M/Triplicate: W97M/Tristate.c: W97M/Tristate.gen
情報掲載日 04/01/14
発見日(米国日付) 98/03/01
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

ウイルスの特徴

・W97M/Tristate.genは097M/Tristtateファミリーの総称として検出されます。W97M/Tristate.genは、Excel97、 Word97、およびPowerpoint97に被害を及ぼします。Excel97に感染した場合、"BOOK1"というファイルがXLSTARTフォルダから起動され、Excel97で使用、もしくはアクセスしたファイルを感染します。これらのファイルが感染すると、Word97"NORMAL.DOT"のグローバルテンプレートに被害を及ぼし、最終的に空欄のPowerpoint97テンプレート"BLANK PRESENTATION.POT"を感染します。

Excel97はX97M/Tristate.cのためにレジストリを以下のように変換します。

  • HKCU\Software\Microsoft\Office\8.0\Excel\Microsoft Excel", Options6") = "Check"
  • HKLM\Software\Microsoft\Office\8.0\New User Settings\Excel\Microsoft Excel", "Options6") = "" HKEY_USERS\.Default\Software\Microsoft\Office\8.0\Excel\Microsoft Excel", "Options6") = "Whoa"

PowerPointはPP97M/Tristate.c のためにレジストリを以下のように変換します。

  • HKCU\Software\Microsoft\Office\8.0\PowerPoint\Options", "MacroVirusProtection") = ""
  • HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Office\8.0\New User Settings\PowerPoint\Options", "MacroVirusProtection") = ""
  • HKEY_USERS\.Default\Software\Microsoft\Office\8.0\PowerPoint\Options","MacroVirusProtection") = ""

・Excel、Word共にウイルス警告保護が解除されます。ウイルスはドキュメントやワークブックを閉じるときに感染します。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

・MS Office97のXLSTARTフォルダに"BOOK1"というファイルが存在します。

・感染したDOC、XLS、もしくはPPTファイルを開くときにマクロ警告が出ます。

・"Blank Presentation.POT"もしくはglobal templateのサイズが拡大します。

・v4.0.02スキャンエンジンを定義ファイルと共に用いると、このウイルスは"X97M/Hopper"として検出され、駆除することが出来ません。Office2000における亜種の検出にはv4.0.25以降のエンジンをご使用ください。

TOPへ戻る

感染方法

感染したDOC、XLS、もしくはPPTファイルを開封するとローカルのテンプレートファイルが感染します。

TOPへ戻る

駆除方法

  • スクリプト、バッチ、マクロ、非メモリ常駐型:
    検出・駆除には現在のエンジンと定義ファイルを使用してください。

  • PE、トロイの木馬、インターネットワーム、メモリ常駐型:
    検出には対応したエンジンと定義ファイルを使用してください。駆除には、MS-DOS モードまたは、起動ディスクを使用して起動し、command line scanner:SCANPM /ADL /CLEAN /ALL を使用してください。

SCANPM /ADL /CLEAN /ALL

 Additional Windows ME/XP removal considerations

AVERT推薦アップデート

TOPへ戻る