ウイルス情報

ウイルス名

WM/TALON.H;H1;H2

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7656)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付) 97/05/01


Word Version 6.x/7.x(Windows版、Macintosh版)で作動するマクロウイルスである。感染ファイルの構成マクロはAUTOOPEN, AUTOOPEN, FILESAVEAS, CRUDである。自動マクロを使って発動する。ウイルスマクロはWord標準機能「実行のみ可能」で暗号化されている。つまりユーザーはウイルスマクロを表示することも編集することもできない。

初回感染時には 'View' メニューの'Eifel Crud'副項目が挿入される。

この副項目が起動されると、現在の文書に 'crud'というパスワードがかかってクローズされる。

そして新規文書をオープンし、'You are infected with the Eifel Crud! Talon Strikes Again! 1997.' 「Eifel Crudに感染しました。Talonから再び一撃! 1997」という文字列が挿入される。

亜種H1とH2は破損しており、発病マクロが含まれていない。つまりメニュー副項目を挿入しない。文書オープン時には、Wordからタイプ1195のエラー・メッセージが表示される。