ウイルス情報

ウイルス名

WM/Talon.D;F

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7652)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
亜種 Talon.F, WM/Talon.D, WM/Talon.F
発見日(米国日付) 97/05/01


Word Version 6.x/7.x(Windows版、Macintosh版)で作動するマクロウイルスである。感染ファイルの構成マクロはAUTOOPEN, FILESAVEAS, AUTOCLOSE, SCRAMBLE, INFO, TOOLSMACROである。自動マクロ、システムマクロを使って発動するウイルスである。ウイルスマクロはWord標準機能「実行のみ可能」で暗号化されている。つまりユーザーはウイルスマクロを表示することも編集することもできない。

感染システムではTOOLS|MACRO機能が隠蔽される。(注!これらのコマンドを使わないように。そのタイミングでウイルスが発動する)。この場合、以下のメッセージボックスが表示される。

-Microsoft WordX

This Option Is Not Available, Please Insert The MS-Office CD And Install The Help Files To Continue


OK

金曜日に文書をオープンすると文書パスワードが 'talon4'となる。以下のメッセージボックスが表示される。

-WarningX

Your Document Is Infected With The Word Macro Virus Talon 4


OK

-WariningX

Your document has Been Saved, I Hope You Know The Password!!!


OK

-WarningX

Talon Strikes Again


OK

以上のメッセージボックスがひたすらループされる。

Talon.Fはコードに若干の変更が見られる。