ウイルス情報

ウイルス名 危険度

Uploader-R!0C56428C

企業ユーザ: N/A
個人ユーザ: N/A
種別 プログラム
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
5424
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
5424 (現在7633)
対応エンジン 5.3.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 N/A
情報掲載日 2008/11/06
発見日(米国日付) 2008/11/05
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

・Uploader-R!0C56428Cはウイルスやトロイの木馬ではありません。「不審なプログラム」(PUP)として検出されます。PUPはセキュリティやプライバシーに関心のあるコンピュータユーザが情報を得たい、場合によっては削除したいと思うソフトウェアです。多くの場合、PUPは、有益な目的のため、合法的な企業によって作成されますが、インストールされたコンピュータのセキュリティ状態、システムのユーザのプライバシー状況を変えてしまうので、ほとんどのユーザがこのことについて知りたいと思うでしょう。

ファイルプロパティプロパティ値
ファイル名9b6af14d.exe
マカフィーの検出名Uploader-R
長さ16,384 バイト
CRC0C56428C
MD59B6AF14D4773A8526228980F838B4193
SHA19AFE4BA2F3227E3A2F922EF05A3F2C51B1321EAA

他社の一般的な検出名

企業名検出名
avastWin32:Trojan-gen {Other}
AVG (GriSoft)Downloader.Generic2.HQR
AviraTR/Drop.TSUpdat.A.2
BitDefenderTrojan.Downloader.Tsupdate.R
clamavTrojan.Downloader.TSUp-12
Dr.WebTrojan.DownLoader.11354
Eseta variant of Win32/TrojanDownloader.TSUpdate.L
FortiNetMisc/Uploader
F-ProtW32/Downloader.AGWB
KasperskyTrojan-Downloader.Win32.TSUpdate.r
microsoftadware:win32/targetsaver
normanw32/dloader.ampe
pandaAdware/Sqwire
risingTrojan.DL.TSUpdate.ac
SymantecAdware.TargetSaver
Trend MicroTROJ_TSUPDATE.R
vba32Trojan-Downloader.Win32.TSUpdate.r
V-BusterTrojan.DL.TSUpdate.f
Vet (Computer Associates)
Win32/SillyDl.NM

・Avert(R) Labsが確認したシステム活動は以下のとおりです。

活動危険度
他のプロセスの共有メモリの使用
ダウンロードされたファイル、既存のファイルのシェル実行
情報提供

システムの改変

以下は一般的なパスの編集の既定値です。(異なる場合もありますが、一般的には以下のとおりです。)

%WinDir% = \WINDOWS (Windows 9x/ME/XP/Vista), \WINNT (Windows NT/2000)
%SystemDir% = \WINDOWS\SYSTEM (Windows 98/ME), \WINDOWS\SYSTEM32 (Windows XP/Vista), \WINNT\SYSTEM32 (Windows NT/2000)
%ProgramFiles% = \Program Files

以下のレジストリ要素が作成されます。

  • hkey_users\s-1-5-21-1202660629-602609370-839522115-500\software\9b6a\
    • tsl2hwnd = 2228
  • 以下のネットワーク接続を行います。

  • http
    • hxxp://dl.targetsaver.com/2k/**************
  • TOPへ戻る

    感染方法

    TOPへ戻る

    駆除方法

    ■McAfee Labs は、常に最新のウイルス定義ファイルとエンジンの利用を推奨します。このウイルスは、最新のウイルス定義ファイルとエンジンの組み合わせで削除されます。

    Windows ME/XPでの駆除についての補足

    TOPへ戻る