ウイルス情報

ウイルス名

UGUR.1297

  • Ugur.1297は、メモリ常駐型のファイル感染ウイルスで、ファイルの終わりに書き込みを行うことによって、.COMファイルおよび.EXEファイルに感染します。メモリ内では、割り込み21をフックします。このウイルスが常駐している際に、.COMファイルや.EXEファイルを実行すると、そのファイルが感染します。