ウイルス情報

ウイルス名

V1024

V1024は、メモリ常駐型のファイル感染ウイルスで、.COMファイルおよび.EXEファイルに感染する。

感染すると、メモリに常駐するようになる。また、このとき、割り込み1および3を含むいくつかの割り込みが監視されているかどうかをチェックする。割り込み1および3が監視されている場合、V1024は、現行ファイルの実行を許可するが、その後にいずれかのファイルが実行されると、システムハングが発生し、V1024は自己複製を行わない。そして、メモリ内の割り込みマップページにある各割り込みの位置を変更して、いくつかの割り込みを再マップする。この時点から、それらの割り込みは、V1024に制御される。

また、このウイルスは、いったんメモリに常駐すると、長さが1,024バイトを超えるファイルが実行された場合に、そのファイルに感染する。