ウイルス情報

ウイルス名

V2000

V2000は、メモリ常駐型のファイル感染ウイルスで、COMMAND.COMを含む.COMファイル、.EXEファイル、および.OVLファイルに感染する。

感染すると、メモリに常駐するようになり、COMMAND.COMに感染する。実行ファイルについては、何らかの理由で開かれるか、実行されたときに、そのファイルがまだ感染していない場合は感染する。